読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故かマルタへ島流し 

男大学院生が七ヶ月マルタに引きこもる話 一応留学

14週目にて 長かったVISA

マルタ

さて、最速だと2週間で手に入れる人もいる中、俺は今日14週目に突入した。92日目である。

ここまで長期間VISAがこないって、いいのかマルタ。ナメてんのか。8週でくるっつっただろお前。

これまでにも学校を通さず大使へメールを送ったりしたのだが、ようやく昨日学校スタッフが色々してくれてたおかげで、政府側から「来たらあげます」的なメールが来て、久しぶりにバレッタへ。

 

場所はPASSPORT CENTERの入っているビルの地下。

階段降りて左側に見える受付に並ぶ。

さて、自分の番になり

「すみません、ビザに関してなんですけど」

そういって、資料を渡す。が、そいつは一瞥すると

「いつ申し込んだ」

と聞くので

「14週前です」

と答えた。

「直接送るから家で待っとけ」

はああああああああああああ!!!!!???????

「いや今日手に入るって言われました!」

「知らん」

「いやちゃんと資料読んでください!」

ここでようやく、資料をめくる。ため息つきながら。

「待て。直接送るから」

ここらへんで言い方とか態度とかにイラッときて、敬語じゃなくなる。

「いつだよ。14週前だぞ申し込んだの。バレッタで受け取れるってそっちが言ったから来たんだ」

とまくし立てると、ため息つかれて

「左側の窓行け」

と言われる。

 

さて、この左側の窓でも

「すみません、VISAに関してなんですが」

と言って資料渡すと読みもせずに

「家で待て」

としか言われなかったので

「ちゃんと資料読め」

と二言目から敬語はなし。本当態度悪いあいつら。

「誰だこの○○(学校スタッフと連絡を取っていた政府職員)ってのは」

「なんで俺が知ってると思うんだ? お前のとこのスタッフの名前だろ」

「これは俺の仕事じゃない。受付行け」

「受付がここ行けって言ったから来たんだよ」

この後もげんなりするようなやりとりをして、最終的には向こうが根負けして、VISAをよこした。

 

あるなら! 最初から! 出せや!

朝からごっつ気悪いわほんま。

てかあいつ途中でちゃんと資料読み始めてなんか自分のミスに気がついた感じやったしな。どつきまわしたろか。

 

まあ何はともあれ手に入れたので、来週どっかヨーロッパ行ってきます