読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故かマルタへ島流し 

男大学院生が七ヶ月マルタに引きこもる話 一応留学

喘ぎ声とは慣れるもの

マルタ 英語

昨晩、ルームメイトが帰ってくるまでに寝るべと思って寝たんですよ。気まずいじゃないですか、ルームメイトが女の子連れてきてさ、なんか気を使うのも変だけどーお邪魔だよねー俺。みたいなの。

 

朝起きたら下着姿の男女がいたよね。夜中に喘ぎ声聞こえた気もするけど、無視って寝たよね。部屋出たらリビングのソファーで別の男女寝てるしね。気にせず横で朝食用意するよね。

すごくない俺の順応力? 褒めて?

あーなんなんだろうなーこの寮。リア充しかいねーわー。

 

 

授業でペアトークがあって、俺らはなんとなく労働環境の話になった。

先生が、話の内容聞くから

「日本の企業は残業代払わねえこともあるし、夏にバカンスなんてとんでもない。一週間休み取れたらめっちゃ恵まれてるよね。日本の労働環境は地獄みたいだよハハ!』って言ったら、もう教室の空気、死んだ。(マジかよ……)みたいな空気でいっぱい。誰も笑わない。

いや僕まだ学生なんですけどね。ドン引きされてまっせ日本の皆さん。

 

 

 夜はcafe der mar へ。国立水族館の付属レストラン? っぽいとこ。


f:id:huniluna:20160818051456j:image

多分次は昼間に来る。泳ぎに。

ずっとプールサイドで小説読んでた。幸せ。

 

一緒に行ってた子らはそのままクラブへ。元気やわ女子大生。

俺は明日朝一から洗濯買い物ビザの書類と色々あるし、パス。やっぱりパリピは性に合わない。地味な陰キャが似合っている。